【宅建資格】相続のポイント

今回は相続について学んでいきましょう!
この問題は最重要で毎年出題されている鉄板問題ですので確実に理解し頭もに叩き込みましょう!
相続と名前を聞くと聞いたことがある人がほとんどいるのではないでしょうか?
聞きなれていてどのようなことなのか想像ができると思いますので理解しやすい分野と思います。
相続とは死んだ人の財産を受け継ぐことをいい、財産を残して死んだ人を被相続人
相続する人を相続人と呼びます。
またプラスの財産(債権)を引き継ぐだけでなくマイナスの義務(債務)も受け継ぎます。
<% index %>

だれが相続するのか?

配偶者は常に相続人となります。
それプラスで誰かとという優先順位が決められています。
優先順位的には
第1順位が子です。
子には養子、胎児、被摘出子も含みます。
第2順位が直系尊属になります。
直系尊属とは死んだ人の父母や祖父母になります。
第1順位の子がいないことが条件で相続することになります。
第3順位
兄弟姉妹になります。
兄弟姉妹とは死んだ人の兄弟です。
第1.第2の子や直系尊属がいないことを条件に相続することができます。

どのくらい相続するのか?

相続人 相続分
配偶者と子が相続する場合 配偶者1/2 + 子1/2
配偶者と直系尊属が相続する場合 配偶者2/3 + 直系尊属1/3
配偶者と兄弟姉妹が相続する場合 配偶者3/4 +兄弟姉妹1/4

欠格
相続人が不正な利益を得るために違法行為をしたり、被相続人に犯罪行為を犯した場合には相続人からはずします。
排除
例えば虐待した妻や息子に対して相続させたくない場合は家庭裁判所に申し立てるか遺言で排除します。排除は正当な理由でなくてはなりません。

代襲相続

例えば相続人の子が死亡していた場合や欠格の時に孫がかわって相続できることをいいます。

代襲相続できる場合 相続人の死亡・欠格・排除
代襲相続できない場合 相続人の放棄

相続の承認と破棄

限定承認
相続でプラスに得た財産の範囲内でマイナス(責務)を返す形です。マイナスが大きい場合は返済しなくていいです。
また相続人全員で共同して行わなければいけません。
相続破棄
はじめから何も相続しません。
相続破棄すると代襲相続できなくなるので注意が必要です。
また限定承認も相続破棄も相続を知った時から3ヶ月以内に行います。期限内に行わなかった場合単純承認(プラスもマイナスも引き継ぐ)ことになります。
またどちらも家庭裁判所の申述が必要です。

遺産分割

例えば「家」「土地」「車」「預金」などがある場合相続人みんなで分けなければいけません。
この配分していくことを遺産分割といいます。
遺産分割が完了すると全員の共有状態から分割されます。
また遺言による遺産分割が認められる期間は最長5年となります。

遺言

自分の財産を誰にどのくらい与えるか書き残すことです。
遺言についての重要ポイントです。

1.満15歳以上であればだれでもできる。
2.成年後見人も医師の2人以上の立会いのもとでできる
3.被保佐人、被補助人もできる
4.遺言はいつでも自由に撤回できる
5.後に異なる内容の遺言が出てきた場合後の遺言が有効になる

遺留分

相続人であれば最低限の保証は貰えることです。
例えば遺言で「Aに1人で相続される」と書かれていた場合でも遺留分は取り戻すことが可能です。
遺留分は配偶者と子、直系尊属だけがもらうことができます。
また遺留分を取り戻す権利のことを遺留分減殺請求権といいます。
どのくらいもらえるのか?

相続人 遺留分の割合
直系尊属人のみ(配偶者や子もいないとき) 相続財産の1/3
それ以外 相続財産の1/2

もっと詳しく基礎中の基礎から勉強し直したい方はスマホやPCで月額980円で宅建学習がウケホーダイ!
詳しくは下記の公式サイトの情報が参考になるので読んでみてください。

月額定額サービス【ウケホーダイ】